初心者でも分かる風俗での働き方

>

より具体的な、各風俗店での働き方

風俗の王様、ソープランド

先の項にて、ソープランドが「性行為」、つまり本番行為ができることを売りにしていることは解説しました。
別名「風俗の王様」と呼ばれるだけあって、根強い人気を誇っています。
只単に性行為をするだけではなく、マットの上でローションを使ったプレイや、軽いもみほぐし、口淫や手淫などのプレイも行います。
そして何より大事なのが、サービスです。
入店から退店まで、お客様としてノベルティや接客態度まで細やかに配慮されています。
もちろん料金も風俗の中ではトップクラスに高く、安くても1万円以上、超高級店なら10万円近く掛かります。
働く人にとってはあっという間に高収入を得られるわけですが、文字通り身体中を使った肉体労働ですし、性器の接触が伴う(避妊具装着や衛生面は店舗も特に気をつけています)ので、肉体的なリスクはどうしても伴います。

それ以外の風俗店

ソープランド以外の風俗店の特徴としては、「個性的」であることと、「お手軽」であることだと言えます。
例えば「ヘルス」ですが、これも店舗型のオーソドックスな「ファッションヘルス」や、自宅やホテルでできる「ホテルヘルス、デリバリーヘルス」、それ以外にも制服プレイやシチュエーションプレイに特化したヘルスもあります。
それ以外にも「性風俗エステ」や「性感マッサージ」は、性的快楽だけでなく、日ごろの疲れを癒す目的にも使うことができます。
これらのお店は本番行為を禁止していますし、手淫やペッティングに留まるので、肉体的なリスクはソープより少ないです。
また、料金も安価なので、とにかく働いて稼ぐというタイプ向きですね。
しかし単価が低いので、固定客を獲得していないと、低収入となってしまいますし、いくら本番行為で無いと言っても、口淫のしすぎで顎関節症やその他腱鞘炎などの、別の意味での肉体的リスクもまたあります。


この記事をシェアする

トップへもどる