初心者でも分かる風俗での働き方

>

初心者に知ってもらいたい、風俗での働き方

「風俗業」の法律的な枠組み

「風俗業」という業種は、日本においては「風俗営業法」、通称「風営法」という法律によって規制されています。
風俗営業法では、風俗産業と性風俗関連特殊営業に大別されています。
大まかに言うと、後者が「性的サービスを施す風俗業」のことであり、前者は「性的なもの以外の風俗業」のことです。
お酒を飲みながらお客の相手をする水商売系やゲーム筺体が並ぶゲームセンターなどが風俗産業に分類され、お客との性的なスキンシップが求められるサービスが後者の特殊営業に分類されるのです。
同じ風俗とついても、両者ではこうした大きな違いが見られ、適用される法律も異なってきます。
それでは、両者についてより具体的に見ていくとしましょう。

「性風俗業」の様々な種類

「性風俗関連特殊営業」に関して、もう少し詳しく見ていくことにしましょう。
浴場業(ソープランド)、ストリップ劇場、ラブホテル、アダルトグッズショップ、ファッションヘルス、デリバリーヘルス、アダルトグッズ通信販売などですが、大きく分けるとソープランドとそれ以外、になります。
何が違いなのかというと、いわゆる「本番行為」の有無となります。
日本では「売春をサービスとするお店」の営業は禁止されているため、風俗嬢による本番行為は全て「個人同士の同意にて行われる」という解釈になり、料金は「サービス料」という名目で支払う事になっています。
それ以外の性風俗業では、手や足による刺激、マッサージを含んだもの、シチュエーションやコスプレで個性を付与したものなど、個性的なお店が多いですが、本番行為は法律にも抵触するので禁止されています。


この記事をシェアする

トップへもどる